千葉県君津市にある築100年超えの空き家をカリアゲ

今回は、千葉県君津市にある昭和10年以前に設計された、木造二階建ての古民家をオーナー様の意向によりカリアゲることになりました。

 

建物の佇まいは写真の通り、光が灯るだけで人目を引くものでした。蔵が併設されていた今回の物件では、新たにガラスの大開口を蔵の入り口に設けることで、蔵と母屋を内部空間として繋ぎます。

設計者は、周囲の豊かな自然を受けて、周辺環境を眺める新たな視点を得る為、建物を「くり抜く」ということに注力し改修プランを考えました。「くり抜く」という行為をこの古民家と周辺環境に施すことで、視線を双方から豊かに取り入れています。

種別

リノベーション

所在地

千葉県君津市三田

構造規模

木造2階建

計画面積

104.33㎡

設計

ルーヴィス

施工

ルーヴィス

施工管理

加藤孝二

撮影

中村晃

築年数

築年数不詳